Fandom


ヒルデガルト・シュリーフォークトとは、クロスアンジュ 天使と竜の輪舞の登場人物。

人物編集

アルゼナルパラメイル第一中隊に所属している突撃兵。後に副隊長となる。与えられた名前は『ヒルダ』。

11年前にアルゼナルに連行されたノーマであり、他のノーマと違って自分の本名を知っている数少ない人物である。

パラメイル第一中隊の中でも凄腕のメイルライダーであり、隊長のゾーラから信用されているが、自分の立場をわきまえないアンジュのことをよく思っておらず、『痛姫』と呼んでいる。

ロザリークリスの2人と仲が良く、3人で行動している。

アンジュがゾーラの脚を引っ張って死なせてからは殺意を抱くようになり、ヴィルキスのサドルに画鋲を置いたり、インテークに下着の入った袋を詰めて行動不能に陥らせたり、モモカ・荻野目が処刑されることを笑いながら話してアンジュを精神的に陥れようとするなどの嫌がらせを行っていた。

アンジュの援護で重力魔法を使う新種ドラゴンを撃墜して大金を手に入れた際、ロザリーとクリスがアンジュのお陰で生き延びることができたことを感じて仲直りしたため、そのことをよく思わなかったのか「裏切り者」と吐き捨て、自ら買い取ったゾーラの部屋に戻って行った。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。